新入社員はアルパカとラマのハイブリッド種「ワリゾ」癒されまくりで作業効率大幅アップ

新入社員はアルパカとラマのハイブリッド種「ワリゾ」癒されまくりで作業効率大幅アップ
 動物は人間のストレスを軽減させ、癒し効果をもたらしてくれることで知られている。一部の会社ではオフィスにペットを連れてくることができたり、なんなら社員として飼っているケースもある。

 大体は犬や猫などなのだが、中国の映像制作会社では、新たな社員として、オスのラマとメスのアルパカのハイブリッド種である”ワリゾ”を雇用したようだ。

 とても穏やかで人懐っこい性格で、社員たちの心は癒されまくりだという。

映像制作会社に採用されたアルパカとラマのハイブリッド種 ラマとアルパカは交配することが可能だ。オスとラマとメスのアルパカの交配種はワリゾと呼ばれる。トゥオ・バイワンの名付けられたワリゾは、中国の無錫市にある映像制作スタジオに社員として雇われた。

 その目的は、コンパニオンアニマルとして、日々忙しく働く社員たちの心を癒すためだ。

 人懐っこいトゥオ・バイワン(オス)は、社員たちに近づいては撫でてもらったり、時にキスをしようと甘えてきたりする。

[画像を見る]

 オフィスを自由に歩き回り、お腹がすいたら社員から社員からおやつをもらう。

[画像を見る]

 オフィスの外には広い芝生があるので、社員に散歩に連れて行ってもらったり、遊んでもらったりもする。

[画像を見る]

 実際、トゥオ・バイワンは社員たちに大きな喜びと、癒しをもたらしてくれているという。

 トゥオ・バイワンは現在2歳。ときにいたずらもすることもあるけれど、それすら愛おしいそうで、社員全員がかわいがっているそうだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク