X線技術で明らかとなったマリー・アントワネットの秘密のラブレター

X線技術で明らかとなったマリー・アントワネットの秘密のラブレター
 専門家チームが、マリー・アントワネットが、スウェーデン伯爵ハンス・アクセル・フォン・フェルセンに宛てた手紙をX線にかけた。

 アントワネットは言わずと知れたルイ16世の妃だが、伯爵と不倫関係にあったと言われている。

 今回、この新たな技法により、伏字で消されたアントワネットの手紙のもともとの文章を明らかにし、彼女がルイ16世紀を欺いて不倫をしているという噂も事実であったことが確認された。

「あなたなしではいられません」マリー・アントワネットの不倫相手への手紙 問題のラブレターは、フランス革命のさなかの1791~92年にかけて、マリー・アントワネットとフェルセン伯の間で交わされたもの。

 新たなX線スキャン法によって、消されていた手紙の元の文章が復元・公開された。手紙を検閲・修正した検閲者が誰だったのかは、150年もの間、歴史家たちを悩ませてきた。

 だが、この新しいX線法で手紙を撮影し、インクの組成を分析した結果、議論の的になっていた消された部分を読み取ることができた。その部分に、"決定的な証拠が見つかった"というわけだ。

[画像を見る]

1792年1月4日付のアントワネットから伯爵に宛てた手紙のこの部分は、銅の元素マップから、「あなたなしではいられません」という意味の"non pas sans vous"という原文が書かれていたことが明らかになった。 / image credit:Anne Michelin /

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク