ロボット警察の厳しい取り締まりに、ディストピアな未来を恐れる人が続出中(シンガポール)
 テクノロジー国家シンガポールでは、コロナ禍の密回避のために犬型ロボット「スポット」を試験採用するなどロボットの積極活用でも知られるが、監視ロボットの導入により、ディストピアな未来を恐れる人々が急増しているという。

 このほど試験採用されたロボット「Xavier」は、地域の治安を守るため、警察官に代わって町をパトロールし、反社会的行為の取り締まりを行っている。

 ところがあまりに厳しい取り締まりを巡り、一部の市民から疑問や不安の声が浮上。映画「ロボコップ」を彷彿させるという声まで出始めたという。

街を見回るロボット警官。方向転換して自転車を取り締まる シンガポールの街を巡回するXavierは、科学技術庁により試験採用されているパトロール用のロボット警官だ。

 監視が得意なXavierはあちこちを巡りながら「反社会的」行為を見つけると取り締まりや警告を行う。対象は無許可営業の屋台や集まっている人たちなどだ。

 途中で方向を変えてどこに行くかと思ったら自転車に乗る少年(右上)に目を留めたらしい。ここ自転車禁止なのかな?

 少年はすぐに自転車を降りたが 少し遅れてXavierなにやら警告した。

[動画を見る]

Autonomous robots check on bad behaviour in Singapore's heartland

 人々の安心や安全のために設計されたXavier。だが現地では、情け無用の四角四面な取り締まりに柔軟性を求める声もあるもよう。どんな違反も見逃さない。チェスの観戦にも警告。 この自律型ロボットは7台のカメラで人々の行動を監視し、「望ましくない行動」を検出する。暗視もできるので夜間でも見逃したりしない。