人骨のネット販売をしている男性が物議をかもす

人骨のネット販売をしている男性が物議をかもす
 今や多くのネットビジネスが普及しているが、ニューヨークに住む21歳の男性は、人骨販売の通販サイトを手掛けており、そのことを自身SNSで宣伝したことで注目を集めている。

 そのユニークなビジネスはなかなか好調のようだが、一部専門家からは人骨を販売するという倫理的性質に疑問の声があがっているという。

人骨を販売する男性、SNSで注目を集める ニューヨークのパーソンズスクール・オブ・デザインの学生であるジョン・ピチャヤ・フェリーさん(21歳)は、TikTokで50万人以上、インスタグラム『JonsBones』で4.6万人ものフォロワーを抱えている。Youtubeチャンネルも運営中だ。

 フォロワーが多い理由は、フェリーさんが運営するちょっぴりユニークなビジネスと関係している。

 実は、フェリーさんは『JonsBones』というウェブサイトで人骨を販売しているのだ。

[動画を見る]

Unboxing 4 Real Human Skulls?!

 サイトによると、頭蓋骨から肋骨、脊椎など、人間のあらゆる部位の骨が揃っており、価格は18ドル(約2000円)ほどのものもあれば、6000ドル(約682000円)にのぼるものまで様々だ。

 メディアの取材で、フェリーさんはこのように話している。
購入者は、頭蓋骨全体から扁平骨、長骨、更には医学的異常がある希少性のものまで選択することができます。ウェブサイトでは、医学生らが研究に使用できるよう、特別に準備したものを揃えています。

これまで既に、100個ほどの脊椎を顧客に販売しました。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク