1年の月日をかけ、ようやく心を開いてくれた野良猫と念願の家族となった男性の物語

1年の月日をかけ、ようやく心を開いてくれた野良猫と念願の家族となった男性の物語
 その男性は野良猫の多い地域に引っ越して来た。当初は、自分が猫に興味を抱くとは思ってもみなかった。

 だがある1匹の野良猫と出会ったことで男性の運命は動いていく。男性は猫という生き物を知るにつれ愛さずにはいられなくなっていたのだ。

 野良猫はとても警戒心が強い。最初は目が合っただけでも逃げ出してしまう。だが男性は、ゆっくりと時間をかけて、少しずつ猫との距離を縮めていった。

 そうして出会いから1年後、ついに猫は心を開くように。念願の家族に迎え入れることができたのだ。

[動画を見る]

Guy Tries To Befriend A Stray Cat For Over A Year | The Dodoやせ細った茶トラの野良猫との出会い 2017年、レックスさんはアメリカ・ミシガン州に引っ越して来た。

 その時、前の家の持ち主や近所住民に「この地域には野良猫が多いから気を付けるように」という警告を受けていたという。

 しばらくすると、1匹の茶トラの野良猫がレックスさんの家の庭に姿を現した。その猫は、数回家の敷地内を行き来していたが、特に猫に興味をもったことはないレックスさんは、その時は気にも留めなかった。

 しかしある夏の日、再びその猫が姿を現した時、レックスさんは猫がとても痩せ細っていることに気付いた。[画像を見る]  気の毒に思ったレックスさんは、ツナ缶をボウルに入れてポーチに置いてみた。

 たが、猫はレックスさんの姿を見ると、強い警戒心を露わにし、決して近寄ろうとはしなかった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク