憎悪の言葉に溢れるSNSの書き込み。母国語に翻訳して本人に直接伝えることはできるのか?(社会実験)

憎悪の言葉に溢れるSNSの書き込み。母国語に翻訳して本人に直接伝えることはできるのか?(社会実験)
image credit: youtube

 時に言葉は鋭い刃物よりも人の心を傷つける。ネット上では匿名で、顔の見えない他人に対しての誹謗中傷や差別用語が飛び交っているが、本人を目の前にして同じことが言えるのだろうか?

 あるいはあなたが第三者で、本人が分からない言語で書かれた憎悪溢れる書き込みを、翻訳して伝えてほしいと頼まれたら、その内容を伝えることはできるのだろうか?

 こんな社会実験がリトアニアで行われた。英語しかわからないという仕掛け人の男性が、リトアニア語で書かれたSNSの書き込みを翻訳して欲しいと依頼する。

 翻訳を頼まれたリトアニア語がわかる第三者はどのような対応を示し、男性にその内容をどう伝えたのだろう?

[動画を見る]

Eksperimentas VERTIMAS / Experiment TRANSLATION悪意あるSNSの書き込みを翻訳し本人に伝えることができるのか? リトアニアで新たに、インターネットのハンドブックを作成するウェブサイト『Svetimageda.lt』が立ちあげられ、こんな社会実験が行われた。

 広告のキャスティングに参加してもらうという触れ込みで一般人を募集。被験者に選ばれた人たちは、その内容について知らされておらず、待合室で待つようにスタッフから指示される。

 しかし、この待合室が社会実験のスタジオとなる。

 彼らはソファに座って指示を待つ。待合室には隠しカメラが設置されており、ソファにはあらかじめ1人の黒人男性が座っている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク