キノコを食べるとうつ病を発症するリスクを減らすことができるとする研究結果

キノコを食べるとうつ病を発症するリスクを減らすことができるとする研究結果
 菌類の仲間であるキノコには様々な健康効果があると言われている。抗酸化作用や血流改善作用、内臓脂肪抑制なども確認されているが、どうやら心の健康にも効くようだ。

 米ペンシルベニア州立大学の研究グループが、2万4000人のアメリカ人を調べたところ、キノコを定期的に摂取することで、うつ病を発症するリスクを減らすことができることがわかったという。

キノコを食べてうつ病予防 『Journal of Affective Disorders』(21年7月22日付)に掲載された研究では、2005年から16年にかけて行われたアメリカ保健省福祉省による「全国健康栄養調査」のデータが分析された。

 その結果、病気や服用中の薬、その他食習慣などを考慮しても、キノコを食べるとうつ病になるリスクが低いことが判明したそうだ。たくさん食べれば良いというわけではない とは言え、たくさん食べれば良いというものではない。食べた量とリスクの低下は比例するわけではないことも分かった。

 また実験として、赤身肉か加工肉の食事1食分を毎日キノコに置き換えてみたが、特にうつ病予防効果は確認されなかったとのことだ。

[画像を見る]

photo by Pixabay
キノコに含まれる抗酸化物質に心を守る働きがある可能性 今回の調査では、具体的にどのキノコにうつ病予防効果があるのか特定されていない。

 だが研究グループは、キノコに含まれる「エルゴチオネイン
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク