辛い記憶を取り除く「忘れ薬」の開発に一歩前進。タンパク質の関与を断ち切ることで有効性がアップ

辛い記憶を取り除く「忘れ薬」の開発に一歩前進。タンパク質の関与を断ち切ることで有効性がアップ
 もしも過去の記憶を消せる忘れ薬があったら、何に使うだろうか?心に傷を残すようなトラウマとなっている記憶は、すぐにでも消したいものだ。

 イギリスの研究者が、辛い記憶を忘れることができる”忘れ薬”の開発につながる発見を報告した。薬で記憶を抹消できるかどうかは、あるタンパク質にかかっているという。

 そのタンパク質の関与を断ち切ってしまえば、これまで忘れ薬と有望視されていた薬の有効性が格段に上がるという。

忘れ薬として有望視されていたプロプラノロールの欠点を探せ じつは忘れ薬として有望視される薬がある。

 それは高血圧などの治療に使われる「プロプラノロール」という薬だ。心臓の交感神経にあるβ受容体を遮断するので、心拍を抑えて血圧を下げる効果があるのだ。

 この薬は、強い感情的な記憶の形成と関係がある脳のベータアドレナリン作動性受容体に作用することでも知られている。

 受容体に結合するタンパク質が遮断されると、記憶の形成に必要なシナプスの変化が抑えられ、その影響で細かい記憶が保存されなくなる。

 実際、2004年の実験で、トラウマ体験をした動物にプロプラノロールを投与すると、恐怖反応を示さなくなることが確認された。つまりトラウマの記憶を消す作用があったということだ。

 こうして忘れ薬の候補となったプロプラノロールだが、その後の研究の結果はまちまちで、確実な記憶消去効果を発揮してくれなかった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク