我々の宇宙は高度な文明を持つ知的生命体の実験により作られたものであると推測するハーバード大学の科学者

我々の宇宙は高度な文明を持つ知的生命体の実験により作られたものであると推測するハーバード大学の科学者
 天文学における最大の謎は「ビッグバンの前に何が起きたのか?」だ。

 現在の一般的な宇宙論によれば、この宇宙はビッグバン(約150億年前に起こった大爆発)によって始まったとされているが、他にも宇宙の始まりに関する様々な仮説が提唱されている。

 真空のゆらぎから生まれたという説、収縮と膨張を繰り返しているという説、ブラックホール内部で物質が崩壊して誕生したとする説などなど。

 だが、ハーバード大学の科学者の推測はかなりドラマチックだ。どこかの高度な知的生命体によって我々の宇宙が人工的につくり出されたというのだ。

地球外知的生命体が宇宙を作りだしたという説 いくら高度な文明を持った知的生命体とは言え、宇宙を作り出すことなど本当に可能なのか?

 だがハーバード大学の天文学者アヴィ・ローブ教授は、「宇宙をつくる力は、文明の発達レベルを測る新しい尺度」であると『Scientific American』で論じている。

 この視点に照らすなら、私たち地球人の文明はほとんど最低レベルだ。だから星空を見上げるときは、謙虚な気持ちになるべきかもしれない。

[画像を見る]

photo by Pixabay
遺伝子システムのような人工宇宙 仮に、宇宙のどこかに、人工的に宇宙を生み出せるくらいにまで科学技術が進んだ文明があったとしよう。

 そう考えると、私たちが暮らしている宇宙の起源を説明できるばかりか、宇宙(つまり人工宇宙をつくれる文明がある宇宙)は、遺伝子を伝えることで何世代にもわたり維持される生物学的システムのようなものということになる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク