サイコパス人格特性を持つ人は、感情に関連する脳領域の構造と機能に違いがあることが判明

サイコパス人格特性を持つ人は、感情に関連する脳領域の構造と機能に違いがあることが判明
 フィンランドの研究者がサイコパスの人格特性を持つ”犯罪者”と一般人の脳を調べたところ、サイコパスの脳は感情とその制御にかかわる領域が、構造的にも機能的にも違っていることが明らかになったそうだ。

 ただし、それはサイコパスだけに限った話ではないという。一般人であっても、多少の差はあれサイコパス的な脳を持つことがあるそうだ。

 サイコパスとは、その症状があるかどうかではなく、程度の問題で、それが極端に表れてしまった人が、暴力や犯罪に走るということなのだそうだ。

サイコパスの犯罪者と一般人の脳を比較 「サイコパシー」は、持続的な反社会的行動、共感の欠如、良心の呵責、罪悪感のなさ、冷酷さ、過大な自尊心、自己中心性などを特徴とする反社会性パーソナリティ障害の一種であり、その人格特性を持つ人をサイコパスという。

 とは言え、サイコパスが全員犯罪者であるとは限らない。社会に上手く適応しているケースもあり、一部成功を収めている人も存在する。

 フィンランド、トゥルク大学をはじめとする研究グループは、犯罪者専門の精神病院の協力を得て、”犯罪を犯した”サイコパスの服役者と一般人の脳を比較。その結果を『Cerebral Cortex』(21年4月9日付)で発表した。

 今回の研究では犯罪者のサイコパスが被験者となっていることに注目したい。

[画像を見る]

photo by iStock
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク