人工網膜から脳インプラントに情報を送り映像化することで、盲目の女性が文字を認識することに成功

人工網膜から脳インプラントに情報を送り映像化することで、盲目の女性が文字を認識することに成功
 スペインの研究グループが、完全に目が見えない女性にとメガネに内蔵した「人工網膜」と「脳インプラント」の連結で、文字を認識させることに成功したそうだ。

 これまで眼球移植で視力を回復させた例はあるが、今回は眼球を使わず、人工網膜が捉えた光景を脳インプラントが脳の視覚野に直接刺激を与え、知覚可能な映像を作り出すという技術だ。

 その成果が『The Journal of Clinical Investigation』(21年10月19日付)で発表された。

人工網膜システムで見た光景を脳インプラントが映像化 ミゲル・エルナンデス大学のグループが開発したシステムは、普通のメガネに内蔵された「人工網膜」と、大脳皮質内に移植される「インプラント」で構成されている。

 人工網膜にうつった光景が電気信号に変換され、脳インプラントに送信。

 インプラントには長さ1.5ミリの電極が96本伸びており、これが大脳皮質の「視覚野」を刺激する。すると人工網膜から送られてきた物体のパターンを脳が認識するという仕組みだ。

 昨年、同じようなシステムが霊長類で成功しているが、今回の対象は人間の女性(57歳)だ。

 その女性は16年間まったく目が見えなかったが、システムを介して知覚された映像を解釈するトレーニングを受けると、文字や物体のシルエットを認識できるようになったとのことだ。

[画像を見る]

credit:Universidad Miguel Hernandez de Elche,Proyecto Eduardo Fernandez Jover
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク