夢は、複数の記憶を重ね合わせ、未来の出来事を予測しているという新しい証拠が発見される

夢は、複数の記憶を重ね合わせ、未来の出来事を予測しているという新しい証拠が発見される
 寝ているときに見る夢はどんな意味があるのだろう?この興味深いテーマは古くから研究されてきた。

 最近の研究によると、夢の53.5%は記憶をなぞったもので、そのうちの半分は、過去の複数の出来事を元にした記憶と関連しているという。

 また、夢の25.7%は、特定の差し迫った出来事とつながっていて、未来の出来事の元となる夢の37.4%は、過去の具体的な体験記憶のいくつかと関連していることもわかった。

 要するに、我々は、これまでに経験した複数の記憶の断片を組み合わせ、そこから将来の出来事を予測するために夢を見る場合があるのだという。

夢は過去の記憶を処理する機能を反映している 夢は、多くの場合、複数の人生体験の断片を組み合わせ、未来の出来事を予測するプロセスから生じることが、新たな研究からわかった。

 未来を示す夢は、夜遅くになるほど多くなる傾向にある。

「人類は長年、夢の意味を理解しようと努めてきました」と言うのは、サウスカロライナ州グリーンヴィルにあるファーマン大学の心理学、神経科学の准教授エリン・ウァムズリー氏だ。
夢が、記憶を処理する機能を反映している新たな証拠が見つかりました。

夢が過去の体験の断片を組み込んでいることは以前から知られていましたが、私たちのデータは、夢が未来に起こりうる出来事も予測している可能性があることを示しています


[画像を見る]

photo by Pixabay
過去の記憶や経験を組み合わせ、未来を予測するために夢を見る 実験では、48人の学生にひと晩、研究室で眠ってもらい、ポリソムノグラフィー(睡眠ポリグラフ検査)を使って、その眠りを評価した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク