こ、これは?無人島の真ん中に奇妙な三角形の黒い物体が出現していることをGoogle Earthで確認

こ、これは?無人島の真ん中に奇妙な三角形の黒い物体が出現していることをGoogle Earthで確認
image credit:kokoblocks/Reddit

 Google mapやGoogle Earthを見ていると驚きの発見をすることがある。今回もまた新たなミステリーが浮上したようだ。

 太平洋中部に位置する無人島、ヴォストック島に、奇妙な三角形の物体が出現していたのだ。発見者が早速海外掲示板に投稿すると、物議を醸したようだ。

無人島の真ん中にできた謎のブラックホール 10月、Redditユーザーのkokoblocksさんは、Google earth上で発見したというミステリアスな写真を投稿した。

[動画を見る]
島のようには見えないんだけど、これっていったい何なんだ!?
 謎の物体が写っていたのは、タヒチから640kmの距離に位置する中部太平洋に浮かぶキリバス島の無人島、ヴォストック島の真ん中である。

 その面積はわずか0.24平方キロメートルしかないヴォストック島は、1820年にロシアの南極探検家ファビアン・ゴットリーブ・フォン・ベリングスハウゼンが、ヴォストックという名の船で航海中に発見したことから、船の名にちなんで付けられたという。

 1856年に、島はグアノ島法によってアメリカ領土となったが、1873年にはイギリス領土となった。しかし、結局何にも使用されず無人島として放置され、1979年には野生生物保護区に指定。現在は、キリバス領として、貴重な手つかずの在来植物が生息する島として知られている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク