毒を持って毒を制す?マジックマッシュルームの幻覚成分がアルコール依存症を改善させることが明らかに

毒を持って毒を制す?マジックマッシュルームの幻覚成分がアルコール依存症を改善させることが明らかに
 マジックマッシュルームに含まれる幻覚成分「シロシビン」は、ただ幻覚が見えるだけでなく、うつ病の治療など、医学的な効果があることが明らかとなっている。

 最新の研究では、シロシビンがアルコール依存症の治療薬になる可能性が判明した。『Science Advances』(21年11月17日付)に掲載された論文によると、シロビシンを投与した依存症のマウスは、アルコールへの欲求が抑えられたという。

お酒を飲むほど壊れていく脳内タンパク質 私たちの脳には、「代謝型グルタミン酸受容体(mGluR2)」という特殊なタンパク質が含まれている。

 これは学習・記憶・痛み・不安といった感覚に関係するタンパク質なのだが、その一方で、お酒や麻薬による「酩酊感」を引き起こす役割もある。

 そんなmGluR2タンパク質は、お酒を飲むほどにどんどん壊れてしまう。そして皮肉なことに、このたんぱく質が少なくなればなるほど、もっとお酒が飲みたくなってくる。

 どうやら、このたんぱく質がアルコール依存症と関係しているらしい。

[画像を見る]

photo by iStock
シロシビンでタンパク質が回復し、アルコールへの欲求が収まる マジックマッシュルームに含まれる、幻覚成分「シロシビン」には、そんな壊れて失われたmGluR2タンパク質を回復する作用があるようだ。

 ドイツ、ハイデルベルク大学のグループが、アルコール依存症のマウスにシロシビンを投与したところ、失われたmGluR2タンパク質が回復。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク