老眼による視力低下を改善する点眼薬がアメリカで承認される

老眼による視力低下を改善する点眼薬がアメリカで承認される
 個人差はあるが40歳前後から現れ始め、「老眼」は、近くの物が見えにくくなる目の老化現象である。誰でもいつかは訪れ、年を追うごとに進行していく。

 これまでは老眼鏡やコンタクトなどが一般的だったが、近年、老眼を改善する治療薬の開発が進められており、このほど、1日1回投与で最大6時間効果が持続する、初めての点眼薬(目薬)が米食品医薬品局(FDA)で承認された。

老眼とは? 老眼は近くの物が見えにくくなる進行性の老化現象だ。中高年の人々が目を細めたり、文字をを遠くに離しながら見ている姿を見たことがあるだろう。

 老眼で近くのものが見えにくくなるのは、目のレンズである「水晶体」が固くなったり、筋肉が衰えたりして、近くのものにピントを合わせる力が低下するからだ。

 個人差はあるが40歳を過ぎれば、人によっては早くもそれを自覚し始める。

 誰でもなる自然な老化現象ではあるが、スマホだのPCだのと小さな文字を追い続けねばならない現代社会では、眼の負担が大きくなる。

[画像を見る]

photo by iStock
1日1度の点眼で老眼を改善する点眼薬が承認される このほどFDAによって承認された製品名「VUITY(ピロカルピン塩酸塩点眼液1.25%)」は、1日1回の投与で最大6時間効果が持続する画期的な点眼薬だ。

 開発したのは、アッヴィ社傘下のアラガン社で、すでに緑内障の治療薬として使用されている「ピロカルピン(pilocarpine)」を独自の技術で老眼に最適化したもの。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク