恐怖しかない。複数の武装警官に自宅突入され、拘束された男性。警察の住所間違いだった

恐怖しかない。複数の武装警官に自宅突入され、拘束された男性。警察の住所間違いだった
image credit: youtube

 イギリスに住む男性が、日曜の朝に予期せぬ恐怖体験を味わった。ライフル銃を持った複数の警官が、突如自宅に突入してきたのだ。全く身に覚えはない。

 パニック状態の中、手錠をかけられて拘束され、下着姿のまま路上に連れ出された男性だが、その後警察による「住所間違い」だったことが明らかとなった。

複数の武装警官が自宅に突入、銃を突き付けられ拘束される 11月14日午前8時半頃、イギリス・ハートフォードシャー州セント・オールバンズに住むエディ・クロスデルさん(56歳)は、激しい怒鳴り声とドアを蹴るような音で目を覚ました。

 最初、エディさんは同じマンション内の住人が泥酔して喧嘩をしているのかと思ったが、自分の家の玄関ドアが激しく蹴られているようだ。

 そこでドアスコープから外を覗くと、武装警察が自分の家に向かって銃を構えているのが見え、恐怖におののきながらドアを開けた。

 その様子は、エディさんの玄関に設置されているリングドアベルカメラに捉えられているが、複数の武装警官がライフル銃を構え、ドアを足で激しく蹴って「直ちにドアを開けろ!」と叫んでいる。

[画像を見る]

image credit: youtube

 その後、ドアを開けたエディさんに、警察はライフル銃やテーザー銃を突きつけ、「両手をあげろ!」と命令。

 Tシャツと下着1枚で寝ていたエディさんは、そのままの状態で武装した警官にまっすぐ歩み寄ると、壁に体を強く押し付けられ、いきなり手錠をかけられ拘束された。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク