我々はまだ自分の細胞の半分を知らない。新しいAI技術で明らかに

我々はまだ自分の細胞の半分を知らない。新しいAI技術で明らかに
 核、ミトコンドリア、小胞体など、生物の教科書を見れば、カラフルなイラストで細胞の構造がはっきり図説されている。だが本当のところは、その秘密の半分もわかっていないという。

 細胞の構造をマッピングする人工知能システムで、人間の腎臓細胞を分析したところ、そこに70種ものパーツが含まれていることが判明。そのうち半分は、学者すらも見たことがないものだったのだ。

 細胞については「判明していることより、していないことの方が多いだろうとは思われていました」と、米カリフォルニア大学サンディエゴ校のトレイ・アイデッカー教授は語る。

 研究者は、それをさらに深く探る方法をようやく手に入れた。AIだ。

ミクロンとナノの中間の大きさを調べる方法がなかった 肉眼ではとても見れない小さな細胞を調べる方法は、主に2つある。顕微鏡による観察と、生物物理学的な分析だ。

 顕微鏡による観察はわかるだろう。観察したいタンパク質に蛍光の目印をつけ、その動きを観察する。

 これはミトコンドリアといった細胞小器官くらい、1ミクロンくらいの大きさまで見ることができる。

 他方、生物物理学的な分析では、あるタンパク質にだけ反応する抗体を用いて、細胞からそのタンパク質を取り出し、何か別のものがくっついていないか調べる。

 こちらの方法では、タンパク質の大きさからナノ・サイズまで探ることができる。

 ところが、ここで困ったことがある。ミクロン・サイズとナノ・サイズの中間の大きさを調べる方法がないのだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク