1年がたった16時間。最短距離で恒星を周回する太陽系外惑星を発見

1年がたった16時間。最短距離で恒星を周回する太陽系外惑星を発見
image credit:esa

 木星の5倍もの質量がありながら、たった16時間で恒星を1周してしまう。そんな超極端な軌道をした木星型太陽系外惑星が発見されたそうだ。

 その軌道はあまりにも恒星に近く、螺旋を描きながら徐々に接近すらしている。観測史上2番目に熱いその惑星は、1000万年後には恒星に落下する可能性もあるそうだ。

謎多きホットジュピター これまで4000個以上の太陽系外惑星が発見されてきた。

 岩石でできた惑星やガスでできた惑星など、それらは多種多様だが、中でも謎が多いとされるのが「ホットジュピター」というタイプの惑星だ。

 ホットジュピターは、太陽系最大の惑星「木星」と同じくらいの巨大なガスの塊だ。だが木星が12年かけてゆっくりと太陽を1周するのに対して、ホットジュピターの場合、わずか10日ほどで1周してしまう。

 これまで400個ほどのホットジュピターが発見されたが、このような重い惑星が形成されるプロセスは、惑星科学上最大の難問の1つとされている。

[画像を見る]

Image credit:NASA, ESA and G. Bacon
1年が16時間、観測史上2番目に熱いホットジュピターを発見 『The Astronomical Journal』(21年11月23日付)で発見が報告された惑星も、ホットジュピターなのだが、やたらと極端なやつだ。

 その惑星は、地球から855光年離れたヘラクレス座、その南に位置する「TOI-2109」を公転している。このために「TOI-2109b」と命名された。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク