喉に食べ物を詰まらせて窒息寸前の少年が、ハイムリック法で男性に助けられる

喉に食べ物を詰まらせて窒息寸前の少年が、ハイムリック法で男性に助けられる
 その少年はチキンサンドを喉につまらせ窒息寸前の状態だった。駆けつけた男性は少年を後ろから抱きかかえるように腕を回し、何度か突き上げながら拳で横隔膜を圧縮した。これこそがハイムリック法である。

 男性はハイムリック法について知ってはいたものの訓練を受けたことはない。にもかかわらず適切な処置で2回、少年の喉に詰まったもの完全に取り出すことに成功したのだ。

[動画を見る]

Man Saves Boy's Life Choking at a Restaurant喉にチキンサンドを詰まらせ窒息少年の少年を救助 アメリカ、ウィスコンシン州の地元のレストランでの出来事。厨房にいたその少年は、チキンサンドをのどに詰まらせ、窒息寸前の状態だった。

 その様子に気が付いたスタッフの男性、ジョセフ・ラインハートさんはすぐさま少年を抱きかかえるようにしながらハイムリック法を行った。

 ハイムリック法は、腹部突き上げ法とも呼ばれ、喉に異物を詰まらせた患者を救命する応急処置である。

 患者の後ろに立って腕を回し、手を腹部に当て、すばやく手前上方に向かって圧迫するように突き上げ横隔膜を圧迫する。この刺激により肺が空気で押され、成功すると気管から異物を取り除くことができる。

 ラインハートさんは少年を抱きかかえるようにし、何度か上下に揺さぶった。

[画像を見る]

 すると1個目のチキンサンドが飛び出した。だがこれですべてではなかったようで、まだ少年は苦しそうだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク