世界一海にプラスチックごみを排出している国はアメリカ

世界一海にプラスチックごみを排出している国はアメリカ
 あらゆる形やサイズのプラスチック廃棄物が、世界中の海にあふれている。海岸、魚の体内、北極海の氷にまで、いたるところに広がっている。

 『The National Academies Press』の最新の報告によると、その最大の元凶はアメリカだということが明らかになった。

 世界的にみても、米国はあらゆるプラスチック工業製品や消費財の先駆物質であるプラスチック樹脂をかなりの割合で産出している。そして、毎年何十億ドルというプラスチック製品を輸出入しているのだ。

プラスチック廃棄物排出量ナンバーワンはアメリカ 国民ひとり当たりのプラスチック廃棄物排出量は、公害関連問題でやり玉にあげられることの多い中国よりも、米国のほうが圧倒的に多い。

 このたびの調査結果は、2020年に発表された研究に基づくもので、他国に出荷されたプラスチックが不当に処理されたりしている事実などを含め、米国が世界最大のプラスチック廃棄物発生源であると結論づけている。

 人口3.3億人のアメリカが、約14億人の中国やインドよりもプラスチックごみを排出しているという事実は特筆すべき点だ。

[画像を見る]

image credit:The National Academies Press | Reckoning with the U.S. Role in Global Ocean Plastic Waste

 実際に、米国の家庭ごみで出されるプラスチックのうち、リサイクルされる率はほんのわずかにすぎない。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク