1920年代に人気を博したドイツ製の陶器赤ちゃん人形「ビスク・ドール」

1920年代に人気を博したドイツ製の陶器赤ちゃん人形「ビスク・ドール」
image credit:Vintage Everyday

 人形の歴史は古い。ギリシャ・ローマ時代から始まり、18世紀には、ドイツやフランスでファッションドールの生産が盛んとなった。当初ブルジョア階級で流行したビスク・ドール(二度焼きされた素焼きの磁器製人形)は、次第に一般庶民にも普及した。

 ビスク・ドールの製造会社として知られる『ケストナー(Kestner)』は、19世紀初頭から20世紀前半にかけて幅広いビジネス展開を行った。

 特に長年の開発を重ねて生み出されたジョイントコンポジションボディを備えたビスク磁器の頭部を持った赤ちゃん人形が、国内のみならず海外でも人気を博したという。

ビスク・ドール作りで知られた人形メーカー「ケストナー社」 1805年、ヨハネス・ダニエル・ケストナー Jr.は、テューリンゲン州ヴァルタースハウゼンで、張り子の頭と留め釘で接合された木製のボディを持つ高品質の人形の製造を開始した。

[画像を見る]

image credit:Vintage Everyday

 1845年になる頃には、人形作りが成功を収めるようになったため、これまでの木と紙の人形に続いて、ビスク磁器と布のボディを持つ人形作りを手掛け始めた。

[画像を見る]

image credit:Vintage Everyday

1850年代にビスク磁器を頭部に使用した人形制作を開始 ビスクとは、フランス語の「ビスキュイ(biscuit)」が語源で「二度焼き」という意味を持ち、手足や頭部などのパーツを二度焼きした磁器製の人形のことだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク