言葉を話すが暴言がすぎるカラス。小学校に舞い降り学校の人気者に

言葉を話すが暴言がすぎるカラス。小学校に舞い降り学校の人気者に
 アメリカ・オレゴン州にある小学校に、ある日突然1羽のカラスが飛んできた。そのカラスは人馴れしており、オウムのように言葉が話せるのだが、とんでもない暴言を口にしたりもする。

 話せるカラスに驚いた教師や生徒たちだが、たちまちカラスのとりことなった。

 居心地がよかったのか、カラスはしばらく学校に住み着いていたようだが、後に農場を持つ一家に飼育されていたことが判明し、家族の元へと帰っていったという。

人間の言葉を話せるカラス、小学校にやってくる オレゴン州グランツパススクール地区にあるアレンデール小学校に、11月下旬、突然1羽のカラスが舞い降りた。

 ドアをつつき5年生の教室へと入ってきて、教師や生徒らを驚かせた。

 カラスは人馴れしているようで、攻撃する様子は全くなく、友好的に子供たちの頭に飛び乗った。更にたくさんの人間の言葉を話し出したという。

 教育助手のナオミ・イメルさんはこのように話している。
カラスは、「やぁ元気?」「元気だよ」と話しだしびっくりしました。ですが他にも口汚い暴言を吐いたりもしてました。まるでオウムのようでした。
第一次捕獲作戦は失敗 なかなか飛び去ろうとしないカラスを見て、学校側は動物管理局に連絡し、職員が駆け付けたが、カラスを捕まえるのは管轄外だったようで、オレゴン州警察の野生生物担当警官に連絡を取った。

 やってきた警官は、手に餌をのせて気を引こうとしたが、頭の切れるカラスの捕獲は容易ではなかったという。

 大勢の生徒が、カラスの捕獲劇を見ようと集まってきたが、カラスは自分が注目を集めるのがうれしくなっちゃったようで、子供たちを追いかけて遊んでいたという。

 結局、その日は捕獲を諦め、カラスは学校の外で一夜を過ごした。

[画像を見る]

pixabay
子供が大好きなペットのカラスであることが判明 その後の調べで、カラスは農場を経営する一家に飼われているコスモというワタリガラスだったことが判明した。

 2年ほど前に、まだヒナだったコスモを施設から救助したジャニール・シャタックさんは、自分の農場に連れ帰り、育てて世話をしてきた。

 しかし、本来が野生のカラスだったことから、シャタックさんはコスモを閉じ込めるのではなく、自由に解放していたようだ。

 一家の近くには託児所があり、コスモは子供たちにも慣れていた。子供たちがやってくる時間になると、コスモはいつも子供たちに近付いて遊んでいたという。

 コスモは、少なくとも40の言葉を話すことができるそうだ。シャタックさんは、特別な愛情をもってコスモをかわいがっており、一家もコスモを大切な家族とみなしていた。

 ところが感謝祭の日、家族が外出している間にコスモは姿を消してしまった。近所住民がコスモを連れ去り保護区へ持ち込んでいた 帰宅したシャタックさんは、コスモがいなくなったことを心配し、あらゆる手段を使って探し出そうとした。

 シャタックさんの娘ダフニー・コルプロンさんは、次のように話している。
ほとんどの隣人はコスモをかわいがってくれていましたが、中にはカラスを嫌いな人もいて、もしかしたらコスモは殺されてしまったのではないかと、母はとても心配していました。

Facebookでもコスモの目撃情報を呼びかけ、必死で探し出そうとしていました。
 そしてついに情報を得ることができた。コスモは、隣人の1人に捕らえられ、動物保護区へ連れていかれたことが判明した。

 保護区スタッフは、コスモが人馴れしていることを知らず、グランツパススクール地区で解放した。その結果、コスモは地区内にあるアレンデール小学校へと飛んで来たというわけだ。

 それからしばらくコスモは小学校に住みつくこととなる。

[画像を見る]

pixabay
コスモ、家族のもとへ戻る そしてようやく事態が進展する。ある子供が家でコスモの話をしたところ、父親はシャタックさんのことを知っていたのだ。カラスが行方不明になっていることも。

 父親はシャタックさんにすぐに連絡し、シャタックさんはコスモがしばらく住み着いていた小学校へとイワシを持って迎えに行った。

 コスモは、短期間ではあったがアレンデール小学校のマスコット的存在となっており、子供たちともすっかり打ち解けていた。

 イワシを与えて、無事にコスモを捕獲するまで45分。ようやくコスモはシャタックさんの家に帰ることになった。

 以来コスモは、自分を捕獲した隣人の家の近くへは決して近寄らないそうだ。

 このホリデーシーズン中、アレンデール小学校の子供たちはクリスマスで集まった親戚たちに、とっておきの毒舌カラスのストーリーを語って聞かせたことだろう。

 結果としては、ハッピーエンドに終わったコスモの物語。しかし最後に、オレゴン州警察はこのように注意喚起を促している。
私たちは、野生生物をペットにすることを望んでいません。もし、シャタックさん一家がコスモを閉じ込めて飼っていたら罰せられることとなります。

コスモのストーリーは素晴らしいですが、野生生物をペットにすることは禁じられていますので、真似をしないでください。
 日本でも鳥獣保護法より、野生の鳥獣の捕獲や狩猟などが禁止されており、野生のカラスを持ち帰って飼育することは原則としてできないことになっている。

 ただし、傷ついたカラスを一時的に保護することはできる。その場合、保護したらすぐに役所へ許可を申請しなければならない。

written by Scarlet / edited by parumo

画像・動画、SNSが見れない場合はオリジナルサイト(カラパイア)をご覧ください。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク