これまでの常識を覆す激しさ。超新星爆発の瞬間をリアルタイムで観測することに成功
 寿命が尽きた星は、激しい爆発を起こしてその一生を閉じる。このほど、巨大な恒星、赤色超巨星が超新星爆発を起こす様子をリアルタイムで撮影することに成功したそうだ。

 国際的な研究グループは、ハワイ島ハレアカラ山山頂にあるW・M・ケック天文台から、赤色超巨星が大爆発を起こすまでの最後の130日を観測。その成果を『The Astrophysical Journal』(2022年1月6日付)で発表した。

 星の進化の最終プロセスを初観測できたことも大きな成果だが、この爆発はこれまでの常識をくつがえすものでもあった。激しくガスを噴出するなど、爆発前の活動が意外なほどに活発だったのだ。

[動画を見る]

Red Supergiant Star Goes Supernova1億2000万光年の彼方で最後を迎えた星 「巨大な星の死の直前について理解を深める画期的な成果です」と、主執筆者のウィン・ジェイコブソン=ガラン氏(カリフォルニア大学バークレー校)は話す。

 最後の瞬間が観察された赤色超巨星は、地球から1億2000万光年離れた銀河「NGC 5731」にあった。

 赤色超巨星とは、直径が太陽の数百倍から千倍以上あり、明るさは太陽の数千倍以上、全エネルギー放射は太陽の3万倍以上ある恒星のことだ。今回観測したものは、その質量が太陽の10倍ほどだった。

 2020年夏、W・M・ケック天文台のパンスターズ望遠鏡が、その赤色超巨星から放たれる膨大な光を検出。それから数ヶ月後の秋、ついに星空を照らす超新星が目撃された。