津波に伴う磁場変化は津波よりも早く訪れる。磁場を利用することで、津波の早期予測が可能に

津波に伴う磁場変化は津波よりも早く訪れる。磁場を利用することで、津波の早期予測が可能に
 トンガの海底火山噴火によって発生した津波は、太平洋の各地で観測された。こうした津波の襲来を事前に予測することは、沿岸地域で暮らす人々にとっては死活問題だ。

 それを実現する鍵は、磁場の変化にあるかもしれない。津波によって発生する磁場は、津波そのもより早く海岸にやってくるからだ。

 京都大学の研究グループによれば、磁場を利用することで、津波発生の早期予測に役立てられると考えられるそうだ。

津波には磁場の変化が伴う 津波によって磁場が発生するのは、導電性(電気が流れること)の海水が地球の地磁気の中を移動するからだ。

 それは津波そのものよりも早く海岸に到達するために、これを検出することで津波の襲来を事前に察知することができる。

 じつはこのこと自体は以前から予測されていた。しかし、これまで津波の発生と磁場が同時に観測されたことがなく、あくまで理論上のことでしかなかった。

[画像を見る]

photo by iStock
磁場による津波予測を実証 だが昨年、京都大学の藤浩明准教授らのグループが、ついにそれを実証することに成功した。

 研究グループは、2009年と2010年にそれぞれサモアとチリで発生した津波のデータに基づき、津波とここから発生する磁場の位相・振幅の関係を解明。磁場から波の高さを予測できることを確認した。

 磁場は津波に対して非常に敏感で、たった数センチの波ですら検出することができるという。

[画像を見る]
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク