トンガの噴火で犬の保護活動を行っていた女性、犬を救おうとして津波に流される
image credit:ifthegloverfits/Instagram

 南太平洋の島国トンガで、1月15日に発生した海底火山の噴火は、トンガの人口の8割を超えるおよそ8万4000人が災害による影響を受けた。

 イギリス人のアンジェラ・グローヴァーさんは、トンガで動物福祉協会を立ち上げ、熱心に野良犬の保護活動を行っていたのだが、津波発生当日、犬たちを救おうとして一緒に流され、帰らぬ人となった。

 犬を愛し、祖国から離れた土地で献身的に動物の為の活動を行っていたアンジェラさんの訃報は、遺族に大きな悲しみをもたらした。『Metro』などが伝えている。

[動画を見る]

Tonga tsunami: Body of missing British expat foundトンガの火山噴火で津波が発生 トンガのフンガ・トンガ‐フンガ・ハアパイ海底火山の噴火による火山灰は、現在も降り続き、救援活動が困難な状態になっているという。

 赤十字の報告によると、未曽有の災害により8万4000人が影響を受け、現時点で死亡が確認されているのはトンガ人3人とイギリス人女性1人だ。

 このイギリス人女性アンジェラ・グローヴァーさん(50歳)の遺体は、津波発生から2日後の17日に、トンガで一緒に暮らしていた夫ジェイムズさんによって発見された。

 トンガで犬の保護活動を献身的に行っていたアンジェラさんは、津波襲来時、犬たちを救おうとして一緒に流されてしまったようだ。ジェイムズさんは、木にしがみついて難を逃れた。