火星で発見された炭素は、生命の活動により生成された可能性
 NASAの火星探査車「キュリオシティ」は、過去9年にわたり火星の「ゲール・クレーター」を探索しながら、たくさんのサンプルを回収してきた。

 こうした調査からは、火星で発見された炭素は「炭素同位体の比率」に不思議な偏りがあることが明らかになっている。

 偏りが生じた原因は、今のところわからない。だが、ペンシルベニア州立大学をはじめとする研究グループによると、生物学的なプロセスが原因である可能性も考えられるという。

炭素の循環を明らかにする炭素同位体 ペンシルベニア州立大学のクリストファー・H・ハウス教授の説明によると、太陽系に存在する炭素同位体「炭素12」と「炭素13」の量は、太陽系が誕生した当初から変わらないのだという。

 どちらも安定しており、あらゆるものに含まれている。だが、炭素12の方が早く反応するために、個々のサンプルを見れば炭素12と炭素13の量は異なる。

 だから、両者の比率を調べることで「炭素循環」(さまざまな領域で交換・移動する炭素の流れのこと)を知ることができる。

[画像を見る]

火星の炭素13が少ない理由 キュリオシティがクレーター内を掘って集めた土壌サンプルからは、それが形成された時期や場所によって炭素12と13の量が大きく異なることが明らかになっている。その中には炭素13が極端に少ないものもあった。

 それはいったいなぜなのか?いくつかの説が考えられる

1.生命体の活動説
 じつは地球でも、27億年前の堆積物から炭素13が極端に少ないサンプルが見つかっている。