謎の音波障害「ハバナ症候群 」は外国勢力の攻撃の可能性低い。CIAの中間報告
 2016年、在キューバアメリカ大使館とカナダ大使館の職員らが一様に原因不明の体調被害を訴えた。その後、世界各地の外交官や諜報部員らが同様の被害を訴えた。

 この不可解な現象は「ハバナ症候群 」と呼ばれ、音響兵器による意図的な攻撃も視野に入れながらCIAによる捜査が進められていた。

 そして最近、CIAから中間報告が発表された。それによると、一連の事例に敵対する外国勢力が関与している可能性は低いという。

原因不明、謎の「ハバナ症候群」 原因不明の頭痛や吐き気といった症状を特徴とするハバナ症候群は、ここ数年主にアメリカなどの西側外交官や諜報部員、軍人などから報告されてきた。

 一部の患者は発症前に耳をつんざくような高音ノイズが聞こえたと証言しており、アメリカに敵対する外国勢力がマイクロ波のようなエネルギー音響兵器で攻撃しているのではないかとの疑いがあがった。

[画像を見る]

Photo by WrongTog on Unsplash
敵対外国勢力の攻撃の可能性は低いとするCIA中間報告 しかし、この件を調査していたCIAは今回、その可能性は低いと暫定的に中間報告で公表した。
広範な捜査を行ったが、事件に国家が関与しているという証拠は見つかっていない。これまでに収集・検証された全情報を考慮すると、ロシアなどの外国勢力が兵器や機械で米国関係者に危害を加える世界的作戦を行なっているとは考えにくい
 こう述べる米当局者は、ほとんどの事例は未診断の病状や環境要因などによって「合理的に説明可能」であると述べている。例えば