超深海層で生きたイカを発見。これまで発見された中で最深

超深海層で生きたイカを発見。これまで発見された中で最深
 第二次大戦中にフィリピン海沖に沈んだ駆逐艦を捜索していた研究チームが、世紀の大発見をして戻って来た。それは、これまででもっとも深い場所を泳ぐイカだ。

 水深6212メートルにもなるフィリピン海溝付近で観察されたのは、ミズヒキイカの仲間。これまでの最深記録は太平洋での4735メートルだったが、その記録を大きくぬりかえたことになる。

これまで発見された中で最も深い場所を泳ぐイカを発見 第2次世界大戦時に就役していた米海軍駆逐艦「USSジョンストン」は、1944年にレイテ沖海戦で沈没し、現在知られている中で最も深い場所に沈む船だ。

 潜水艇で駆逐艦を捜索していた研究チームが2021年3月、偶然にも発見したのは、ミズヒキイカ(Maganapinna pacifica)の一種だ。

 研究チームは、有人潜水艇 DSVリミティング・ファクター(探検家のヴィクター・ヴェスコヴォがマリアナ海溝の底に潜ったのと同型の潜水艇)を使って、フィリピン海溝の底に潜り、4時間以上かけて探索した。

 海底のすぐ上を泳いでおり、撮影した位置が高すぎたため、鮮明な映像を撮影することはできなかったが、ミズヒキイカの象徴的な大きなヒレや独特の泳ぎ方から、イカの特徴を見分けることができ、その正体を特定することができたという。

 触手が比較的短かったため、観測したのは幼体ではないかと推測している。

 これまで、ミズヒキイカは水深約4735メートルの海で発見されたことがありますが、今回はその記録を1477メートルも縮める最深記録です。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク