自動車会社「スバル」がアメリカで過去2年で約6万匹以上の保護動物の養子縁組を支援
image credit:sheehysubaru/Instagram

 自動車メーカーの多くは慈善活動を支援しているが、日本の自動車メーカー、スバルの子会社で「スバルオブアメリカ(Subaru of America, Inc.)」は、特に動物に対する支援を積極的に行っていることで知られている。

 同社の動物支援に対する取り組みは十年以上続いており、2020年から10月に実施される『Subaru Loves Pets』というキャンペーンでは、2年で約6万匹以上の保護動物に永遠の家を見つけることができたという。

[動画を見る]

2020 Subaru Loves Pets動物たちを支援する米国スバル社の取り組み アメリカのスバル社では、2008年頃から動物支援を本格化させている。

 主要なモーターショーに、養子縁組が可能な保護動物たちを参加させて顧客との交流を図る取り組みは、今やスバル社のモーターショーでは恒例行事で大人気のイベントだ。

 中でも、2年前から毎年10月に実施されている『Subaru Loves Pets』と呼ばれる月間キャンペーンは、大きな反響を呼んでいるという。

 このキャンペーンでは、スバル社がアメリカ国内にある数百のスバル販売店やパートナー提携している動物保護施設と協力し、犬猫たちに永遠の家を見つけることを支援している。[画像を見る]  2021年10月の養子縁組キャンペーンでは、600を超える米スバルのディーラーが対面またはネットを通しての養子縁組イベントを行い、3万6千匹以上の避難所にいる犬猫たちの養子縁組に成功した。