ウクライナの文化遺産を守れ!3Dモデリング技術でスキャンしてバックアップを作成するプロジェクト
 ロシアの侵略により都市や町が破壊され続けているウクライナ。その中には歴史的に貴重な文化遺産も多く存在し、いつ瓦礫の山になってもおかしくない。

 そこで、彫像や重要文化財が破壊される前に、3Dモデリング技術を使用してスキャンし、デジタルバックアップを作成するプロジェクトが開始された。

「バックアップ・ウクライナ」と呼ばれるこのプロジェクトは、ウクライナの人々に協力してもらい、文化的に重要だと思われるあらゆるものを、スマホから3D撮影してもらうというものだ。仮に破壊されてもデータは残るし、復元も可能となる。

ウクライナの文化遺産をデジタルバックアップ 「バックアップ・ウクライナ」は、ウクライナ国立歴史博物館、「ウクライナ文化遺産緊急救済イニシアチブ」、国連教育科学文化機関(UNESCO)、デンマークのNPO(Blue Shield Danmark)、Viceメディアグループ、スマートフォン用カメラアプリ「Polycam」によって立ち上げられた。

 その目的は、ウクライナ国内の文化的価値のあるものを、すべてスキャンし、デジタルバックアップを作ることだ。

[画像を見る]

「ある国の文化遺産を破壊することは、その国のアイデンティティを消し去る最も手っ取り早い方法だ」と、バックアップ・ウクライナのウェブサイトに書かれている。

 文化遺産を後世に残すべく、デジタルデータ化することで、国の存在意義を保とうというのだ。