ウクライナで保護された動物たち~国外での受け入れと現地シェルターの現状レポート
 予断を許さないウクライナ情勢の中で、マランダーができるのは現地の情報をできるだけ伝えていくことだけだ。今日は世界各地で活動している国際的な動物福祉団体「Network For Animals(NFA)」による、ウクライナでの動物たちの保護活動について紹介しよう。

 中にはショッキングな場面もあるかもしれない。苦手なお友だちはぜひ注意してほしい。

[動画を見る]

UKRAINE ANIMAL RESCUE UPDATE! We have helped feed, treat, evacuate and save THOUSANDS of animals!

 最初の映像はポーランドでNFAと提携しているADA(FADA)という団体のもの。ウクライナ各地から保護されてきた動物たちを、24時間体制で受け入れているシェルターだ。

[画像を見る]

 動物たちはロシア軍の爆撃や銃撃で傷つき、怯え、トラウマを負っている。

[画像を見る]

 彼らに必要なのは治療と食べ物、そしてたくさんの愛情なのだ。

[画像を見る]

 現在、最優先で取り組んでいるのは、この動物たちを集めてケアをする保護施設の整備だという。適切な治療ができる設備や、動物たちが安心して休める環境はもちろん、専門家やボランティアの居住できる空間を用意するのが急務とのことだ。

 すでにNFAでは数千匹の動物たちの国外への脱出を手助けしたそうだが、ウクライナ国内にもまだまだ取り残され、劣悪な環境に放置された動物たちがたくさんいる。