耳鳴りと睡眠に関連性があることが判明。睡眠の質を変えることで改善も
 世界では15%の人たちが「耳鳴り」で悩んでいると言われている。この症状はただ気になるだけでなく、ストレスやうつの原因になるなど、心にも深刻な悪影響を及ぼす。

 今のところ耳鳴りの治療法はなく、一度発症すると数年経っても消えないことも多い。

 オックスフォード大学の研究グループによると、耳鳴りは睡眠と強い関係があるという。そもそも耳鳴りとは、ないはずの音が聞こえる幻聴だ。普通、幻聴や幻覚が起きるのは睡眠中だけだが、耳鳴りの人には目が覚めているのに幻聴が聞こえてしまう。

 『Brain Communications』(2022年5月5日付)に掲載された研究では、そんな不思議な耳鳴りと睡眠の関係について科学している。耳鳴りと睡眠の関係性を解明されれば、新たな治療も誕生するかもしれない。

眠りの種類と段階 睡眠はレム睡眠ノンレム睡眠の異なる2種類の睡眠状態に分けられる

 レム睡眠は閉じたまぶたの下で眼球が動く急速眼球運動を伴う睡眠で、身体は休息した状態だが、脳の活動は起きている状態に近いことから夢をよく見る。

 ノンレム睡眠はレム睡眠ではない眠りという意味で、脳が休息した状態となっており、眠りの深さによって4段階に分けられる。

 ノンレム睡眠は段階が上がるごとに眠りが深くなり、3、4段階目の「徐波睡眠」で最も眠りが深くなる。

 ノンレム-レム睡眠周期は90~120分間で、寝ている時間が進むにつれ、ノンレム睡眠の持続は短くなり、睡眠徐波の出現は減少する。