猫を助けようとしたら、結果的に誘拐事件になってしまった件
 ある女性が長時間勤務を終えて帰り道でガソリンスタンドに立ち寄った時、1匹の猫が近づいてきた。

 心やさしいその女性は、「猫は迷子になってしまい、助けを求めている」と思い込んでしまった。
女性は猫を助けようと車に乗せ、まずは動物病院へと向かった。

 猫はその間、ずっと鳴き続け不満の意を表していたが、「車に慣れていないので緊張しているだけ」と自分に言い聞かせ獣医に診てもらったところで、女性は重大な過ちに気が付く。

 この猫は迷子の猫ではなく、ガソリンスタンドの近所で飼われていた猫であることが判明。結果、女性のしたことは救助ではなく誘拐だったのだ。

猫が迷子で困ってる、助けなきゃ! エマさんと言う女性は12時間の勤務を終え車で自宅に帰る途中ガソリンスタンドに立ち寄った。すると足元に1匹の猫がスリスリと寄ってきたのだ。


 エマさんは長時間勤務で疲れていたのだろう。様々な考えには至らず、「迷子の猫が助けを求めている」と思い込んでしまったのだ。

 心やさしい彼女の心の中は「この子を助けなきゃ」でいっぱいになった。そこで猫を車に乗せ、その足で動物病院へと向かっていった。ん?怒ってる?救助のつもりが誘拐だった だが猫は明らかに助けを求めている兆候はなく、どちらかというと「何してくれちゃってんの、はよ車から降ろせ」とでも言いたげに、鳴き声を上げている。

[画像を見る]

 だがエマさんは、「猫は見知らぬ人と車に興奮しているだけ」と心を落ち着かせ、動物病院へと向かった。


 そこで彼女は衝撃の事実を告げられる。

 獣医が猫のマイクロチップを読み込んだ結果、この猫はガソリンスタンドの隣の家で飼われている猫であることが判明したのだ。

 「オーノー!」と声を上げるエマさん、「ちょっとまって、私のやってることって誘拐じゃん」と気が付くことになる。

[画像を見る]

 獣医に猫を元の場所に戻すよう言われたエマさんは、猫を元の場所に戻した。勘違いとは言え、エマさんはただ猫を助けてあげたかっただけなのだ。

 この一連の画像がTikTokのエマさんのアカウントに投稿されると話題となり、多くのコメントが集まった。
・今回は間違いだったけど、あなたの行動力があれば、本当に困っている猫を救うことができる、自分を恥じる必要はないよ

・猫「ちょっと挨拶しにいったら誘拐された~!」

・私の両親が同じようなことしました。パブの外で犬を見つけて家に連れて帰り、地元のFacebook ページに「迷子犬」と投稿。この犬はパブのオーナーの飼い犬だったのです。

・うちの地域では猫が外を歩いているのは普通だけど、なぜ迷子だと思った?疲れてたのか?

・猫は「飼い主を呼べ!あるいは弁護士だ!」と叫んでいるようだw

・ベンガルかな?結構野生モードに突入してるね

・二足立ちになってる画像、通行人に向けて「誰か助けて~」って叫んでいるように見えて面白い
 ということで、海外では外と家を自由に行き来できる猫も多いので、迷子かどうか判別つかなかったら、まずは周りの人に話を聞いて、リサーチをすることが大切なのかな。

Written by parumo

画像・動画、SNSが見れない場合はオリジナルサイト(カラパイア)をご覧ください。