大人はわかってくれない! 世代を象徴する青春ソング

大人はわかってくれない! 世代を象徴する青春ソング

「いまどきの若いもんは!」などという言葉はですね、いつの時代にでも聞かれたんです。いつの時代にも大人はいて、若者はいたんです。だから、「大人はわかってくれない」などと言っていた人が大人になって、「いまどきの若いもんは」などと言ってることだってあるんです。大人になったいまだからわかります。団塊の世代、バブル世代、ゆとり世代……。世代の呼び方はいろいろありますが、それぞれの世代にはそれぞれの音楽があって、それぞれの青春があったんです。そこで、世代を象徴する「大人はわかってくれない」ソングを1950年生まれから10年区切りで見ていきたいと思います。

しらけ世代1951年~1960年生まれ
出典元:(YouTube:吉田拓郎 - 結婚しようよ)

断層の世代などとも呼ばれた世代。全共闘、団塊の世代のあとに生まれた人たちです。
はっぴいえんどや頭脳警察、裸のラリーズなどが、グループサウンズなどのそれまでのロックとは違う「ニューロック」と呼ばれ流行。フォークにも「ニューミュージック」という言葉が生まれます。その象徴が吉田拓郎の「結婚しようよ」。それまでの反体制的なフォークのイメージを覆し、自身の生き方や恋愛などをテーマにした曲を歌い人気に。ただし、いわゆる“フォークガチ勢”からは総スカンをくらうんですね。実際にビール瓶やら石を投げつけられてライブが中止になることも。

新人類世代1961年~1970年生まれ
出典元:(YouTube:

あわせて読みたい

KKBOXの記事をもっと見る 2016年6月30日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。