SKY-HI、w-inds.、三浦大知が変えいくJ-POP最先端シーン

SKY-HI、w-inds.、三浦大知が変えいくJ-POP最先端シーン
拡大する(全2枚)

これまでJ-POPに足らなかったワールドワイドなポップセンスの要素を補うSKY-HI、w-inds、三浦大知の存在が注目を集めている。ポイントは、海外ポップソングに引けを取らないクオリティの高さだ。逆に言えば、洋楽カルチャーへの入り口としても気になる表現者でもある。

同世代で交流の深い3組。いわゆる、10代の頃から出自をアイドルとしながらも現在ではポップミュージック・シーンの最先端を担う、身体能力&アーティスト性が強くセルフ・プロデュース能力の高い逸材だ。

そんなシーンの2017年の集大成と言えるターニングポイントが、今年の5月2日・3日にSKY-HIが行う武道館2デイズ公演だ。SKY-HI=日高光啓(AAA)が、ソロ活動当初から目標として掲げていた念願の武道館公演が実現する。

出典元:(YouTube:SKYHICHANNEL)

SKY-HIの所属レコード会社CEO 松浦勝人氏も、先んじて『SKY-HI HALL TOUR 2017 -WELIVE-』福岡公演を観覧したようで、“福岡でまじに感動した。俺って大概ライブ褒めないんだけどSKY-HIかなりやばかった!久々感動した!褒めてしまった。”と、熱量高くSNSで語っていた。
SKY-HI、w-inds.、三浦大知が変えいくJ-POP最先端シーン


SKY-HI、作品のクオリティ追求とポップ強度の両立
なぜ、いまSKY-HIが注目を集めているのか?

ひとつに、あらゆる壁を越えていこうというオープン・マインドな姿勢だ。昨今、ビルボード・チャートをみていてもわかる通り、世界中でヒットしている音楽は時代と溶け合いジャンルレス化している。誤解を恐れずに言えばヒップホップやロックがR&Bのような、軽やかなビートやサウンド感を取り入れている。その逆もまた然りだ。EDM以降の時代の空気感=ファレル・ウィリアムス、ブルーノ・マーズ、ジャスティン・ビーバー、ザ・チェインスモーカーズ、MAJOR LAZERなど改革者が生み出してきた斬新なサウンドを、どう自分なりに解釈して表現していくかが大事なポイントだ。

この記事の画像

「SKY-HI、w-inds.、三浦大知が変えいくJ-POP最先端シーン」の画像1 「SKY-HI、w-inds.、三浦大知が変えいくJ-POP最先端シーン」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

三浦大知のプロフィールを見る
KKBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「三浦大知」に関する記事

「三浦大知」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「三浦大知」の記事

次に読みたい「三浦大知」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク