松室政哉が選曲した100年後に残したい音楽〜897Selectors#109〜

アーティストたちが影響を受けてきた音楽や、100年後も誰かの心に残っていて欲しい曲をテーマにしたFMプログラム「KKBOX presents 897 selectors」(奇数週の20時からInterFM897でOA中/DJ:野村雅夫)。今回のセレクターは、10月31日に待望の1st Album「シティ・ライツ」をリリースしたシンガーソングライターの松室政哉さん。昨年、EP「毎秒、君に恋してる」でメジャーデビュー!その後、コンスタントに楽曲を発表。1年の歳月を経て、待望の1st Albumを発表しました。映画のワンシーンを切り取ったかのような歌詞とその歌声で注目される松室政哉。彼の音楽のルーツとは? また、影響を受けた楽曲、100年後も誰かの心に残って欲しい曲などを伺いました。

音楽体験の原点となる曲愛する女性とのすれ違い / サザンオールスターズ

小4の時にキャンプに向かう車中で流れていたこの曲に衝撃を受け、自分も曲を作ってみたい!と思い、帰ってすぐにおもちゃのピアノを買ってもらいました。そういった意味では、原坊さん寄りかもしれません。 サザンってイントロがいい曲が多いんですよね。

10代、20代で節目となった曲

松室政哉が選曲した100年後に残したい音楽〜897Selectors#109〜


View / スキマスイッチ

事務所の先輩ですが、中学時代にファンとして聴いていました。この曲は<餃子大王>というバンドをやっていた軽音楽部の先生が勧めてくれた曲で、スキマスイッチのデビュー曲。なんとなく「ポップミュージック」を意識し始めたターニングポイントになった曲です。

あわせて読みたい

KKBOXの記事をもっと見る 2018年11月2日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。