フジロックに向けて再熱? “渋谷系”ってなに?

フジロックに向けて再熱? “渋谷系”ってなに?

30代後半以上の音楽ファンには馴染み深いですが、若いリスナーの皆さんにはこの東京の街の名が付いた音楽ジャンルがどのようなものか知らない方も多いことでしょう。1990年代に文字通り渋谷を発信地としてブームとなった”渋谷系”。当時、さまざまなジャンルの要素を意欲的に取り込んだ、オルタナティブな音楽を繰り広げるバンド/アーティストが登場し、渋谷にはその情報を発信する数多くのCD/レコードショップが存在。アーティストもリスナーも貪欲に音楽を楽しむ、世界的にも類稀なムーブメントとなりました。2017年は当時その中心的な存在だったアーティストが新作をリリースし、さらにフジロックにも挙って出演するとあって、改めて注目を浴びています。今回はフジロックに出演する5組を紹介します。


たゆまない歌心とアーティスト精神
小沢健二「流動体について」
出典元:(YouTube:UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

この人がMステ出演時、公式発表前にも関わらずフジロック出演を口にしまったことで、今年のフジロックにおける”渋谷系”への再注目が取り沙汰されるようになったと言っていいでしょう。2月に突如としてリリースされた「流動体について」は耳障りのよいメロディと思わず口ずさんでしまう歌詞にそのたゆまない歌心を感じさせます。また、その言動や活動には「渋谷系の王子様」と言われた当時から変わらぬ、何者にも侵されない強いアーティスト精神がにじみだすかのようです。日本の音楽史にこの人あり、という存在感です。...続きを読む

あわせて読みたい

KKBOXの記事をもっと見る 2017年6月28日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。