女性演歌がめちゃ攻めてるらしい!
拡大する(全1枚)

失礼を承知で言わせてもらいます。やっぱり「演歌歌手は歌がうまい」。歌声に表情や感情がある。近年、J-POPアーティストとのコラボやカバーなどが数々リリースされているが、それらが他ジャンルコラボの“企画物”としてではなく聴き入ってしまうのはひとえにその感情が伝わってくるからではないかと思います。今回はそんなコラボやカバーなど、攻める演歌歌手たちの楽曲をご紹介。


May J.&アンジェラ・アキとコラボ:八代亜紀
八代亜紀といえば、ジャズシンガーとしての活動が有名だけれど、J-POPでの活躍も見逃せない。かつて任天堂の「Wii カラオケ U」CMソングとして「残酷な天使のテーゼ」をカバーして話題に。2017年にはMay J.とデュエットソングをリリース。この曲はアンジェラ・アキがプロデュースをてがけ、八代亜紀とMay J.がそれぞれ母と娘役を歌ったウェディングソング。柔らかな母の優しさが感じられる一曲です。

出典元:(YouTube:avex)




コブクロが楽曲プロデュース:石川さゆり
“石川さゆり×○○”としてコラボ楽曲を制作してきた「X(クロス)」シリーズ。これまで「あふれる涙」(×奥田民生)、「山査子」(×岸田繁)、「暗夜の心中立て」(×椎名林檎)など、さまざまなアーティストとコラボしてきました。シリーズ第3弾となる『X-CrossⅢ-』では、コブクロの小渕健太郎が作詞、作曲、プロデュースを手がけた「春夏秋冬」や、池田貴史(レキシ)、細野晴臣、矢野顕子といったアーティストたちとのコラボ楽曲を収録。