次世代ガールポップ2018:ましのみ、edda、Ram

KKBOX編集室イチオシ・アーティスト企画コラム『Who’s Next』。今回は、2018年ブレイク必至の次世代ガールポップを奏でるソロシンガー3組、ましのみ、edda、Ramにメール・インタビューを試みました。エレクトロ・ポップ~ストーリーテリング~R&Bなど、ジャンルは異なりますが、一度聴いたら忘れられない個性豊かなサウンドをお楽しみください!

ましのみ

次世代ガールポップ2018:ましのみ、edda、Ram


1997年生まれ21歳、大学3年生。突き抜けた楽曲のポップさに心を奪われた、女性シンガー・ソングライター。2016年、ヤマハグループが開催する日本最大規模の音楽コンテスト『Music Revolution 第10回 東日本ファイナル』で約3,000組の中からグランプリを獲得。インディー時代はピアノ弾き語りスタイルだったが、メジャー・デビューに当たって、自身のアイディア“数多くいる女性シンガーとの差別化”によって、デジタルサウンドなポップスターに進化。アルバムタイトル『ぺっとぼとリテラシー』などにも、特異性あるキュートな“へんてこセンス”が垣間見れる。

Q1:最新作『ぺっとぼとリテラシー』で、ご自身が気に入られている、作品の聴き処ポイントを教えてください。

歌詞を書くのが好きなのでそこを聞いてくれるととても嬉しいですが、そうやって皆様に歌詞を聞いていただきたいがためにアレンジにもこだわっていたりします。いろんな曲を書くのが好きなので全曲通して聞いてどこか引っかかるところを探していただけると幸いです、、、。

あわせて読みたい

KKBOXの記事をもっと見る 2018年2月20日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。