椎名林檎-必ず聴くべき心を震わす歌詞とフレーズ

デビュー20周年を迎えた椎名林檎のデビューから現在に至るまでの全楽曲がKKBOXにて解禁。1998年5月にシングル「幸福論」でデビューを果たし、その強烈な個性とジャンルレスな幅広い音楽性に、多くのリスナーは魅了され続てきました。今回は数々の作品の中から椎名林檎の歌詞にスポットを当て、初期の隠れた名曲や、生き方の指針ともなる名作をピックアップしてお届けします。少し違った角度で椎名林檎の作品に耳を傾けてください。

椎名林檎と青の時代

「すべりだい」
デビューシングル「幸福論」のカップリング。コアなファンの間では有名な
エピソードだが、実はこの曲がリード曲になるはずだったという。ジャジーにスウィングするサウンドプロダクションとアンサンブルは、早熟な音楽性がダイレクトに表出していると同時に、間奏以降に際立つ歪んだエレクトリックギターは初期のロックアーティスト然とした椎名林檎のイメージと符合する。官能と叙情が等しく溶け合った、ものすごく完成度の高いラブソングである。

「茜さす 帰路照らされど・・・」
1枚目のオリジナルアルバム『無罪モラトリアム』に収録。当時、若干ハタチでこんな大傑作を作り上げたことにあらためて驚かされるが、あまつさえこの名バラードは椎名が16歳のときに生まれたというのだからすごい。イントロのピアノが鳴った時点で立ち上がるドラマティックかつ切実な音楽としての像と態度が素晴らしい。ストリングスが重要な役割を果たしているが、それが響きとして決して大袈裟にならず、ラフにカッティングされるアコースティックギターとの絡みも絶妙である。どこか室内楽のようなムードをまとっているのも興味深い。忘れがたい情感に富んだ歌はまさに椎名林檎節としか言いようがない。〈アイルランドの少女が歌う〉というフレーズを聴くと、いつも若き日のビョークを想起するが、実際のところはどうなのだろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

KKBOXの記事をもっと見る 2018年6月8日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「氣志團」のニュース

次に読みたい関連記事「氣志團」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宇多田ヒカル」のニュース

次に読みたい関連記事「宇多田ヒカル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エレファントカシマシ」のニュース

次に読みたい関連記事「エレファントカシマシ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。