これを読めば初心者でも通ぶれる、『FUJI ROCK 2018』おすすめアーティスト

出展元:YouTube(GlimSpankyVEVO)

小袋成彬 (7月28日@RED MARQUEE)

宇多田ヒカルのアルバム『Fantôme』(2016年)に収録された「ともだち」にゲスト参加し、その歌声で大きな脚光を浴びた小袋成彬。4月にリリースした自身初のソロ・アルバム『分離派の夏』は、宇多田が全面的にバックアップしており、シンプルで音数の少ないトラックにより、彼のヴォーカルを存分に引き出した。ワンマンツアーを秋に控え、まだ数えるほどしかライブをしていない小袋の、甘く囁くような声を生で聴く絶好の機会だ。

出展元:YouTube(Nariaki Obukuro)

D.A.N.

音数を削ぎ落としたミニマルなアレンジ、サイケデリックかつメロウなサウンドで着実にファンを増やし続けている3人組。セルフ・タイトルのファースト・アルバムからおよそ2年ぶりにリリースされた『Sonatine』は、これまでに比べてギターの音が後退し、よりエレクトロでメロウなムードになっているのが印象的だった。長年サポートを務めてきた小林うてなが離れ、3人体制になったライブが気になる。

出展元:YouTube(D.A.N. official)

SPANK HAPPY (7月29日@GAN-BAN SQUARE)

2006年に惜しくも解散した、Boss the NKこと菊地成孔率いるポップバンドが遂に復活! 新ヴォーカリストに抜擢されたのは、名うての若手ジャズマンとともにCRCK/LCKSを結成し、ceroのサポートやdCprGのヴォーカルも務めるなど、今や引っ張りだこのODこと小田朋美。クールでスタイリッシュな楽曲を、2人で踊りながら歌う姿は必見。

出展元:YouTube(ISETAN 伊勢丹 公式チャンネル)

以上、『FUJI ROCK FESTIVAL '18』を通ぶれるおすすめアーティスト10組でした。そのほかの素晴らしいアーティストにも出会ってください。

(KKBOXライター:黒田 隆憲)

あわせて読みたい

KKBOXの記事をもっと見る 2018年7月17日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。