毎回、歌がはじまる前奏部分「イントロ」にフォーカスした曲を紹介するプレイリスト企画の第3弾。今回はイントロが息を吸う音から始まり、すぐに歌いだしに入る、通称「ブレスイントロ」曲を紹介します。コンマ1秒も無いブレス音があることで一気に世界観に引き込まれる名曲ばかり。知ってる曲でもイントロに注目した聴き方で新しい発見があるかもしれません。是非、その点に注目して聴いてほしい4曲を紹介します。

『群青日和』 東京事変

出典元:YouTube(TokyoIncidentsVEVO)

椎名林檎がボーカルを担当し、2003年から約9年間活動していたロックバンド、東京事変(とうきょうじへん)のデビューシングル。イントロは椎名林檎の力強く吸い込むブレスから、「新宿は豪雨」というフレーズがはじまります。

豪雨の空は灰色。曲名の『群青日和』とは、深く青い空の日。失恋した女性の、これからどうすればよいかわからない錯綜している気持ちを空の色に比喩し、とても複雑な心情をうまく表現しています。ブレスからの「新宿は豪雨」という歌いだしのインパクトは、曲のイメージを強烈に印象づける神イントロですね。

『スターゲイザー』スピッツ

出典元:YouTube(spitzclips)

『ロビンソン』、『チェリー』などのヒット曲で知られる4人組ロックバンド、スピッツが2004年に発売したシングル曲。イントロはボーカルの草野マサムネの高音で、伸びやかな声を出すためのブレスから、「遠く遠く」というフレーズがはじまります。