このアニソンを聴け〜アニオタが選んだこの10曲〜

アニメオタクと言われた言葉の概念も変わり、いまや20代のカラオケランキング上位の半数以上がアニソンというほど裾野が大きく広がっています。平成のミュージックシーンを振り返るとアニソンが残した影響は大きく、平成7年に発表された『新世紀エヴァンゲリオン』オープニング曲「残酷な天使のテーゼ」は、10代から50代までの世代別カラオケランキングすべてにトップ10入りするなどアニソンの金字塔となっています。いまのJ-POPシーンを牽引しているのは間違いなくアニソンなのです。そこで今回はアニソンの文化や歴史にも詳しいインディーズレーベル・AVSS代表であるA-KIさんと、コスプレができるオシャンティなDJパーティー「こすのん」のオーガナイザーのユータローさんにちょっと深めにアニソンの魅力について話をお聞きしました。

会社帰りにアニソンやコスプレを楽しむ社交場「こすのん」

このアニソンを聴け〜アニオタが選んだこの10曲〜


毎月第3火曜日に青山で開催されている「こすのん」は、アニメやゲーム音楽はもちろん、様々な曲がかかってコスプレもできるクラブイベントです。そして「こすのん」ならではの特徴が、フロアの照明が明るいこと。クラブイベントというと暗く怪しいイメージがありますが、「こすのん」はめちゃくちゃ健全な雰囲気なのです。そういったこともあって来場者に女性が多いのかもしれません。そしてなんと言っても大きな魅力は、作品の年代を問わず様々なキャラクターのコスプレを楽しんだり、お酒を飲みながらアニソンで踊れること。KKBOXスタッフがお邪魔したときも、会社帰りの社会人を中心に、学生から大人まで和気あいあいに楽しんでいました。

あわせて読みたい

KKBOXの記事をもっと見る 2019年3月26日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。