BUCK-TICK〜結成30年を超え、いまなお進化する日本最高峰のバンドに迫る

BUCK-TICK〜結成30年を超え、いまなお進化する日本最高峰のバンドに迫る
BUCK-TICKの新作『獣たちの夜/RONDO』、そしてこれまでのBUCK-TICKの音楽作品すべてが、KKBOXでも楽しめるようになった。今回はその歴史を追いながら、彼らの代表曲を紹介しようと思う。

出典元:YouTube(BUCK-TICK)

改めて紹介すると、BUCK-TICKは昨年結成30周年を迎えたロックバンドで、結成以来メンバーチェンジを一度もしていない。メンバーは櫻井敦司(Vo)、今井寿(Gt)、星野英彦(Gt)、樋口豊(B)ヤガミトール(Dr)の5人。BOØWYを輩出した群馬県で1985年に結成されている。いわゆるビジュアル系に分類されているが、そのサウンドはメインコンポーザーの今井寿の音楽性を反映し、常に最先端の洋楽と張り合うもので音楽業界内にもBUCK-TICKをリスペクトする者が多い。

ビートロック時代

歴史を追いながら、先ずは1988年のメジャーデビューシングル「JUST ONE MORE KISS」から紹介しよう。ちなみにBUCK-TICKの初期は、大雑把に3段階に分けることが出来ると思う。初期の第1段階が“ビートロック時代”で、その代表曲が「JUST ONE MORE KISS」。BUCK-TICKというと、ドラムのヤガミトールが今でも髪を立てているのに象徴される通り、見た目のインパクトが大きなバンドだが、実はこの曲はテレビCMで使用され、本人たちもCMに出演、お茶の間で大きな話題を呼んだ。

あわせて読みたい

今井寿のプロフィールを見る
KKBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「FLOWER」のニュース

次に読みたい関連記事「FLOWER」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「星野英彦」のニュース

次に読みたい関連記事「星野英彦」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「クラムボン」のニュース

次に読みたい関連記事「クラムボン」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月23日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。