俺たちの永遠のフォークソング

今年メンバー全員が70歳を迎えるアリスが6年振りに再結成し、現在全国ツアーを敢行。「自分はもう若くないからなー」と思っているR50-60世代の人を元気づけてくれています。そうです。あの頃よく聴いたフォークソングはいまなお輝きを失っていません。今回は「俺たちの永遠のフォークソング」と題して、青春時代に聴いた名曲の数々をご紹介します。どの曲も自然に口ずさめるかもしれません。

俺たちの旅 / 中村雅俊(1975年)

1970年代の吉祥寺を舞台に、社会の中でもがき苦しみながらも成長していく若者たちを描いた青春ドラマの金字塔が「俺たちの旅」。毎週日曜日の夜8時になるとテレビから流れてくる中村雅俊が歌うテーマ曲「俺たちの旅」にわくわくしてました。歌詞の中に出てくる「ウォーターメロン」という言葉が新鮮で、大人の世界を想像させてくれた記憶があります。中村雅俊が演じるカースケのファッションは、ギターを抱えてラッパスタイルのジーンズに下駄履きというスタイル。この姿に憧れて真似をした人も多かったのではないでしょうか。

初恋 / 村下孝蔵(1983年)

R50-60世代に欠かせない甘酸っぱい初恋ソングのナンバーワンソングは村下孝蔵の「初恋」ではないでしょうか。携帯電話もメールもLINEもなかった時代の恋心ってこんな感じだったんです。村下孝蔵のレコードジャケットの多くは切り絵作家の村上保によるもので、これもまた青春フォーク感満載でした。「初恋」は、

あわせて読みたい

KKBOXの記事をもっと見る 2019年6月18日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。