BUMP OF CHICKEN 後世に残したいこの5曲

BUMP OF CHICKEN 後世に残したいこの5曲
拡大する(全1枚)
BUMP OF CHIKENの珠玉の名曲たちが、ついにKKBOXをはじめ各サブスクリプションサービスで配信される。1999年にインディーズで初のCD音源「FLAME VEIN」をリリースして以来、瞬く間にファンを増やし、スターダムにのし上がっていったBUMP OF CHICKEN。ここでは、そんな彼らが今日のような「国民的バンド」となるに至った足跡を、5つの楽曲を通して振り返ってみることにしたい。

BUMP OF CHICKEN 後世に残したいこの5曲の画像はこちら >>


「ランプ」

「すべてはここから始まった」と言っても過言ではないだろう、BUMP OF CHICKENが1999年にインディーズでリリースした1stシングル(現在は廃盤)の表題曲。当時、下北沢を中心に隆盛しつつあったギターロックの中で、メロディ、歌詞ともに、異彩を放っていたこの曲は、インディーズ音源を扱う各CDショップ店員たちはもちろん、音楽専門誌の編集者といった「速耳」たちのあいだで大きな反響を集め、その後の快進撃の道筋を用意した。自らの内面に潜む「情熱のランプ」に、今まさに火が灯されようとしているその歌詞は、その後の大躍進から振り返るに、何やら象徴的でもある。藤原基央のボーカルが打ち放つエモーションは、このときから何ひとつ変わっていない。

「K」

「ランプ」が話題となったことを受けて、1stアルバム「FLAME VEIN」が改めて注目を受ける中、満を持してリリースされた2ndアルバム「THE LIVING DEAD」。収録された全10曲すべてが名曲、しかもそのひとつひとつに物語がある、コンセプトアルバムとなった本作の中でも、とりわけ「K」は、古参から新参ファンまで、根強いファンを持つ一曲だ。街の人々から忌み嫌われていた黒猫と、孤独な若い絵描きの交流を描いた物語。疾走感溢れる楽曲にのせて、次第に盛り上がってゆくその物語の最後には、いまだに涙を禁じ得ない。いわゆるチャート的なヒットではなく、長い時間を掛けて多くの人々を魅了していった、BUMP OF CHICKEN初期の代表曲のひとつである。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

KKBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク