海外レジェンドアーティストのデビューソング

今年もFUJI ROCKやサマーソニックなど、海外アーティストの来日ラッシュの季節になりました。これからの時代を切り拓くアーティストに注目しつつも、レジェンドと呼ぶに相応しい海外アーティストたちのデビュー当時の作品を紐解いていきます。初々しくも才能の片鱗をのぞかせるアーティストたちの作品をご堪能ください。

Come on / The Rolling Stones(1963年)

世界中の誰もが認める偉大なロックンロール・バンドThe Rolling Stonesは、今年でデビュー57年目を迎えました。そのデビューシングルはオリジナル曲ではなくチャック・ベリーのカバー曲。この「Come on」を演奏することにメンバーは拒否感を持っていましたが、当時のレコード会社から「売れる曲をデビューシングルにする」と言われ、渋々受け入れたと言います。実際に全英チャート21位になり注目を浴びますが、メンバーの中では封印され、その後はライブで演奏されることがほとんどなく、長い間アルバムに収録される機会もありませんでした。ちなみに「Come one」でハーモニカを吹いているのは27歳の若さで他界したデビュー当時のリーダーでギタリストのブライアン・ジョーンズです。

Keep Yourself Alive /Queen(1973年)

1973 年7月13日にデビューアルバム『戦慄の女王』をリリースしたクイーン、その1週間前に先行シングルとして発表されたのが「Keep Yourself Alive(邦題:炎のロックンロール)」です。しかしこの作品は、メジャー契約した直後にレコーディングしたもので、リリースまでに1年以上が経過していました。「ロックなのに曲構成が複雑でサウンドに小細工が多い」とか「他のバンドの亜流」とイギリスではネガティヴな評価ばかりでした。しかしその頃にクイーンは、全映チャート5位となりその後の活動のエポックメイキングとなる『クイーンII』の制作に入っていました。デビュー時の喧騒を自分たちの力に変えていったのがクイーンなのです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

KKBOXの記事をもっと見る 2019年7月12日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュース

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「チェッカーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「チェッカーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「前川清」のニュース

次に読みたい関連記事「前川清」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。