時代や流行が変わっても、どれだけ裏番組が充実しても、なんだかんだいって大晦日の風物詩といえば『NHK 紅白歌合戦』という方も多いのではないだろうか。毎年、出演者が発表されるたびに「誰それが出る/出ない」が話題に上がり、その年ごとの世相やブームを反映させつつ懐かしのヒット曲も交え、文字通り老若男女がお茶の間に集って観ることのできるという、今となってはとても珍しい番組となった『紅白』。今年・2019年で節目の70回を数えるそんな『紅白』の歴史を、ざっくりとではあるが振り返ってみたいと思う。

最初の紅白出場歌手は14組

初回は1951年。筆者はおろか、その親世代すら生まれているかどうか怪しい時代なので詳しく語ることはできないが、藤山一郎、二葉あき子など戦中・戦後のスターたちが名を連ねている。ボリュームは今よりだいぶコンパクトで、紅組・白組ともに7組ずつ。ちなみに白組が勝ったそうである。なお、第3回までは大晦日ではなく正月番組として放映されており、第4回からが大晦日となったため、1953年は正月と大晦日で年に2回の『紅白』が行われるというレアケースだった。

驚異の視聴率81.4%を記録した1963年

第10回あたりになると、美空ひばりや島倉千代子といった、耳馴染みのあるビッグネームの名前が出てくるようになり、第12回には坂本九が「上を向いて歩こう」で、第14回には北島三郎が「ギター仁義」で初登場。第14回ではなんと81.4%という驚異的な視聴率を記録したというからすごい。『紅白』は、テレビの普及という時代背景や、翌年に東京オリンピック開催を控えるなど当時のポジティヴな空気を象徴する番組として、まさしく国民的番組となったのだ。そしてこれ以降、北島三郎はなんと50年後の第64回(2013年)まで50回にわたって登場する『紅白』の顔となる。現在この記録に迫っているのが、