1978年に「勝手にシンドバッド」でデビュー、日本のロック&ポップスシーンに大きな影響を与えてきたサザンオールスターズの全972曲(ソロ作品など含む)が、ストリーミングサービスでの配信がスタートしました。2世代、3世代に渡るファンに愛され続けているサザンオールスターズの魅力は多岐に渡ります。今回はサザンオールスターズをファンとして聴き続け、そして近い距離で仕事をさせてもらった筆者が、サザンオールスターズの魅力を振り返ってみました。往年のファンの人はもちろん、若い世代の方も改めてサザンオールスターズの魅力を知ってもらえればと思います。

時代の新しいサウンドを生み続けるサザンオールスターズ

サザンのアルバムの1曲目を聴くのが楽しみでした。そこでは王道のサザンナンバーではないどころか、これまで聴いたことがないようなサウンドに出会えたからです。例えば1985年に発表された2枚組のアルバム『KAMAKURA』は、当時出始めたサンプラーやデジタル・シンセサイザー、ドラムマシンなどが使用され、これまでのサザンとは一線を画す実験的な作品がたくさん収録されています。その冒頭を飾るのが「Computer Children」。6分12秒の作品の中に誰も体験したことのないようなサウンド体験が散りばめられていて、この曲を夢中になって聴いていました。

ミリオンセールスになった1996年発表の「愛の言霊~Spiritual Message~」も同様で、最初に聴いた時に、これまでに体感したことのないサウンド構成、そして日本語の美しさが絶妙に連なり、圧倒されました。それに加え異国情緒を醸し出すガット・ギターやバリトン・サックス、