この歌のこの歌詞がすごい

季節は春、新生活をスタートする人もたくさんいることでしょう。胸踊る気持ちと不安な気持ちの両方があるはずです。今年はそういった季節に、新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大の影響で生活環境が大きく変わり、そして世界中で多くの人が亡くなっています。そんな重苦しい空気が漂う中、気持ちがへこたれてしまう時もあるかもしれません。今回はそんな時に、本当に胸に刺さる歌詞の力を持つ楽曲を紹介します。今回紹介する曲はいわゆる「応援」ソングではありません。歌詞に秘めた、強い生命力を感じてみてください。

命に嫌われている / カンザキイオリ

出典元:YouTube(kobasoro)

2014年1月「反抗期」を投稿しボカロPデビューしたカンザキイオリ。 2017年7月に公開された「命に嫌われている」は1,200万回再生を記録(2020年3月現在)するほか、majikoやまふまふなど著名無名に関わらず数多くのアーティストやクリエイターによって公開された「歌ってみた動画」や「MADムービー」の再生総数が1億回以上を超えるなど、インターネットでロングラン人気になっています。若いネットユーザーにこれほどまでに支持されている要因は何なのでしょうか。

「命に嫌われている」には「頑張れ」とか「大丈夫」というような背中を押すような言葉は一切なく、むしろ、そういった綺麗な言葉を否定することから始まります。誰かを傷つけても気にとめることもないのに、自分は楽しく毎日を過ごしていくという矛盾する生き方を提示される歌詞は、聴く人をドキリとさせます。それは、いまの社会を覆う虐待問題やいじめ問題の深淵を見せつけられているように感じるかもしれません。そして「命」を軽視することは、「命」そのものに嫌われてしまうということなのだと、問いかけてきます。主人公である「僕ら」も「命」というものが何なのか、もがき続けます。それでも「僕ら」は最後に目を見開き叫びます。

当時の記事を読む

KKBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク